社員インタビュー

Oさん

Oさんカスタマーサポート

インタラクティブ
ソリューションズに
入社した理由を教えてください

入社前は2年間保育士として児童関係の仕事についていました。やったことがないことをやりたいと思いはじめたころ、派遣会社に登録しました。
実は私は紹介された他社の仕事に応募したのですが、面談の際に「あなたにはこちらのほうが向いているのでは」といって紹介を受けたのが、ここインタラクティブソリューションズの仕事でした。
アシスタントとして社内の様々な仕事を経験し、会社を理解したうえで営業サポートにつくことが想定されていました。

実際、総務サポートの仕事から始めたのですが、Interactive-Proの社内活用のための新たなプロジェクトを担当することになり、マニュアルを読んでシステムを理解することから始めました。その過程で、どうしてこうなっているんだろう、こうだったら使いやすいのにと感じたことを、エンジニアにレポートで伝えさせていただきました。
かなりの長文でしたが、その内容をエンジニアの方が評価され、更に人事や社長に話してくださり、今の仕事へ異動することになりました。

UI・UXで厚生労働大臣賞を取った経験のある社長からみても論理的でバランスの良いレポートと評価してくださったとうかがいました。

担当している仕事の内容を
教えてください

まず総務アシスタントして業務を開始したのが2016年8月。秋ごろから人事のサポートを行うようになり、その後、営業サポートの仕事に徐々にシフトしました。最初に人事総務の仕事を担当したことで会社のルールやビジネスマナー等について学ぶことができました。入社当初より面倒を見てくださった先輩と一緒にオフィス内でBGMを流すよう提案し、オフィス環境改善を実現しました。この過程で会社の意思決定プロセスを知るよい経験ができたと思っています。
現在は、カスタマーサポートにおいて、リリース前の製品の検証作業にも携わり、またお客様対応の窓口業務も担当しています。

また、現在も当社製品であるInteractive-Proの社内活用プロジェクトの推進メンバーとして、社員の皆さんの意見を聞きながらコンテンツ充実を進めています。例えば、社内ミーティングの内容を在宅の方々と共有するために、動画撮影機能を活用しています。そういった自分たちでの活用から得られる意見をお客様向けの製品にも反映させていきたいと思います。

私自身はもともと飽きっぽい性格なのですが、現在は仕事の幅が広く楽しんでいます。システムの動作検証、マニュアル作成、営業さんと同行、お客様からの問い合わせも対応など、知らないことにチャレンジしています。動作検証の際には、きちんと動作するかという確認だけではなく、UI・UXの観点から気づいたことを提案させていただくこともあります。お客様毎にInteractive-Proのアプリ内で活用されるHTMLアプリの作成に関わらせていただくこともあります。仕様段階からお客様毎に承認をいただいて進めますが、テスト使用を始め、実際に動かしてみたところで、この使い方や動きがより良いのではないかと思った時は、もちろん納期は気にしますが、お客様に喜んでいただけるよう対応可能な範囲での修正をエンジニアと調整する場合もあります。

Oさん

インタラクティブ
ソリューションズで
働く魅力、やりがいは?

現在は仕事にも慣れてきて、お客様とエンジニアをつなぐよう、個々の案件により深くかかわるようになりました。
カスタマーサポートの仕事を通じて、お客様をより身近に感じるようになりましたし、ますますお客様の期待に応えたいとの思いが強くなっています。中途半端な理解のままにお客様に回答するわけにいきませんから、わからないことは、まずは自分で調べ、それでもわからないことをエンジニアの方に確認するようにしています。エンジニアの皆さんの持つ知識を吸収できること、それも楽しみの一つです。

当社製品のお客様は大手企業も多く、そこにやりがいを感じていますし、誇らしく思います。
私がカスタマーサポートに異動したきっかけもそうですが、小さなことでも提案しやすい環境だと思います。意思決定者と接する機会も多く、やりたいと思ったことはやらせてもらえる、自分で壁をつくらなければ、いくらでもチャレンジできる、そんな環境が当社にはあると思います。

こんな人と一緒に働きたい

いまはまだ目の前にあることをこなすことでいっぱいですが、知りたいことは何でも吸収できる環境だと思いますので、さらに幅を広げていきたいと思います。
社会に貢献するという大きな目標でなくても、誰かの役に立ちたい、そんな思いをもっている方と一緒に仕事をしたいです。

インタラクティブソリューションズの
チャレンジする仲間です